「子宮がん」使わないで、産婦科学会が要望決定

「子宮がん」使わないで、産婦科学会が要望決定

日本産科婦人科学会は12日、一般の人も使っている「子宮がん」という用語は定義があいまいだとして使用しないよう厚生労働省に要望することを決めた。

 「子宮がん」は、子宮の入り口にできる子宮頸(けい)がんと、奥にできる子宮体がんという原因や治療が異なる2種類のがんを総称して使われている。厚労省の統計でも両者を合わせて「子宮がん」として集計する場合がある。

 かつてはウイルス感染が主な原因の子宮頸がんが圧倒的に多かったが、最近は食生活の変化などで子宮体がんも増えている。同学会は「昨年、子宮頸がんのワクチンが承認されたので、正確な患者数や死亡数を把握し、ワクチンの効果を調べる必要がある」としている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮がん:用語廃止を要望へ 日産婦 »
« 松江で杉浦さん がん克服トークライブ