前立腺がん患者 HPを公開

前立腺がん患者 HPを公開

前立腺がんの患者がみずからの闘病体験について語ったホームページが完成し、13日から公開されます。

このホームページは医師や患者らで作るNPOが作ったもので、前立腺がんの患者49人のインタビューが載せられています。インタビューはがんと診断されたときの気持ちや症状のほか、治療方法の選択など項目ごとにわけられ、知りたい項目を選ぶと、映像や音声を通して患者の体験を知ることができます。このうち健康診断がきっかけで前立腺がんが見つかった70代の男性は、放射線治療を選んだ理由やその後の生活について語っています。NPOは去年乳がん患者のインタビューをまとめたホームページも公開していて、多いときで1日400件のアクセスがあるということです。ホームページを作った「健康と病いの語りDIPExーJAPAN」の別府宏圀理事長は「前立腺がん患者のように男性患者の場合は仲間同士で話をする機会が少なく情報が乏しい。ほかの患者の具体的な体験を知ることは、闘病に役立つと思う」と話しています。ホームページは13日から公開され、アドレスは、http://www.dipexーj.orgです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子宮がんと呼ばないで」 頸がんと体がん、区別要望 »
« 子宮がん:一括表記やめて 実態把握へ「頸」と「体」区別 産科婦人科学会が要請