県:がん予防啓発、協定企業を募集--きょうから /熊本

県:がん予防啓発、協定企業を募集--きょうから /熊本

県は14日から、がん予防に向けた啓発活動などについて県と協定を結び取り組んでいく企業や団体の募集を始める。県は予防・早期発見の中心となる「がん検診」の受診率を12年度までに50%にする目標を掲げているが、現在は30%程度。「職域からも啓発して検診の受診を広げたい」と、県がん予防対策企業等連携協定事業を始めることにした。

 県と協定を結んだ企業や団体は▽県などで作成したがん予防パンフレットを従業員に配布したり、ポスター掲示などによる受診の呼びかけ▽企業内でがん予防を呼びかける担当者や部署の育成▽受診啓発イベントへの参加▽顧客窓口でのパンフレット配布など県民への受診啓発--などに取り組む。

 県は情報提供のほか、人材養成・職員研修に協力し、県のホームページや広報誌で協定企業の取り組みを紹介する。また企業側は広告などで「県がん予防対策協定締結企業」の表示をすることができるという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


20 乳がん 川崎医科大付属病院乳腺甲状腺外科・園尾博司部長「毎年検診」で発見早く 乳房温存術が手術の6割 »
« ウーマンアイ 子宮頸がん ワクチン助成が普及の焦点