武田薬品がセミナー開催 大腸がん向け抗がん剤を紹介

武田薬品がセミナー開催 大腸がん向け抗がん剤を紹介

武田薬品工業は14日、東京本社(東京都中央区)で同社製品に関する医学・薬学情報を発信する「第2回 タケダ・メディカル トリートメント・セミナー」を開催した。大腸がん向けの抗がん剤を取り上げ、同薬剤の特徴などを紹介。15日に国内で発売予定の抗がん剤「ベクティビックス」について、大阪医科大学教授(化学療法センター)の瀧内比呂也氏が「従来の抗がん剤に比べ抗腫瘍効果に優れている」と説明した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん検診促進で県とAFRAC協定 »
« オンチップ・バイオテクノ、国立がん研とがん診断法開発へ