がん死、ほぼ順調に減少…厚労省中間報告書

がん死、ほぼ順調に減少…厚労省中間報告書

厚生労働省は15日、がん対策推進基本計画の中間報告書を公表した。2007年度からの5年計画がどれだけ進んだかをまとめた。

 「75歳未満のがんによる死亡率を10年間で20%減らす」という全体目標については、3年間で6%減少しており、おおむね順調と評価した。

 一方、「がん患者と家族の苦痛軽減と、療養生活の質の維持向上」というもう一つの全体目標については、達成度を評価する尺度がないことを指摘。評価指標を早く設定することや、患者の経済的負担の軽減にも取り組むことを求めた。

 予防面では、未成年の喫煙を3年以内になくす目標が達成できていない。また、子宮頸(けい)がんワクチンの接種などを国として積極的に推進すべきだとした。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん死亡3年で6%減 未成年喫煙ゼロは未達成 »
« 県立がんセンター  新病棟、北隣に