乳がん克服のモーラ・ティアニー、ジェリー・ブラッカイマーの新ドラマで主演

乳がん克服のモーラ・ティアニー、ジェリー・ブラッカイマーの新ドラマで主演

 [シネマトゥデイ映画ニュース] テレビドラマ「ER 緊急救命室」のモーラ・ティアニーが、ジェリー・ブラッカイマーの新作法廷ドラマに主演することが決まった。

 WENNによると、「ザ・ホール・トルゥース」(原題)と題されたドラマでモーラは、マンハッタン地区検察局の局長代理キャサリン・ピールを演じるとのこと。相手役にはキャンセルが発表されたテレビドラマ「Numb3ers ~天才数学者の事件ファイル」のロブ・モローが決まっており、アメリカで今秋から放送が開始される予定。

 モーラは乳がんと診断されたあと、ロン・ハワードがプロデュースする新作テレビドラマ「パレントフッド」(原題)を降板して治療に専念。最近になって現場復帰をし、テレビドラマ「レスキュー・ミー ~NYの英雄たち」にゲスト出演を果たしている。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のプロデューサーとしても知られるジェリーは、テレビドラマ「CSI」シリーズや「コールドケース」「WITHOUT A TRACE/FBI失踪者を追え!」などをプロデューサーでもある。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


山梨県の全市町村が助成 子宮頸がん予防ワクチン »
« アフラック女性向けがん保険新発売