ビタミンB6と必須アミノ酸、喫煙者の肺がんリスク下げる 仏研究

ビタミンB6と必須アミノ酸、喫煙者の肺がんリスク下げる 仏研究

ビタミンB6と特定の必須アミノ酸を多く摂取する喫煙者は、これらの栄養素が不足する喫煙者に比べて肺がんリスクが低いとする研究結果が、16日の米医学誌「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」に発表された。

 仏リヨン(Lyon)の国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer)が欧州10か国の喫煙経験者約40万人を対象に行った調査で、ビタミンB6と必須アミノ酸のメチオニンを多く摂取するグループでは、そうでないグループに比べ、肺がん発症率が半分以下であることが明らかになった。メチオニンは多くのタンパク質に含まれている。

 また、ビタミンB6とメチオニンに加えて血中の血清葉酸値が高い人では、肺がん発症率が67%低くなることもわかった。

 研究チームは、こうした栄養素を多く摂取することが肺がんリスクを下げるとは結論付けておらず、喫煙習慣をやめることの重要性を強調している。

 世界保健機関(WHO)によると、世界で肺がんにより死亡する人は毎年130万人で、がんによる死亡者数の約18%を占めている。(c)AFP

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


アフラック女性向けがん保険新発売 »
« 生きる:小児がん征圧キャンペーン 夏キャンプ記録映画、欧州で上映