がん闘病中も…遺骨収集20年、兄眠る靖国神社に遺産4千万円

がん闘病中も…遺骨収集20年、兄眠る靖国神社に遺産4千万円

 沖縄戦でこの世を去った兄への思いから、20年以上にわたって戦没者の遺骨収集に携わり、今年1月、87歳で亡くなった大阪市阿倍野区の陰山三千代さんが生前、「兄たちの慰霊に充ててほしい」と示した遺志で、総額7千万円が遺骨収集の実施団体や寺院などに寄付される。このうち4千万円は、兄の御霊が眠る靖国神社(東京)に贈られるという。沖縄戦終結から23日で65年。関係者は「陰山さんは、私たちが忘れかけている大切なことを教えてくれている」と話す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:予防へ 大蔵村、ワクチン全額補助--県内初 /山形 »
« 【ATL-成人T細胞白血病-制圧へ】公費負担 県などと協議 福岡市長 妊婦抗体検査で答弁