武田薬品とキャンバス、抗がん剤の共同開発契約を解消

武田薬品とキャンバス、抗がん剤の共同開発契約を解消

武田薬品工業と東証マザーズ上場のバイオベンチャー、キャンバスは17日、キャンバスが手掛けた抗がん剤「CBP501」の共同事業化契約を解消したと発表した

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん治療を終えた間寛平がトルクメニスタンに出発~アースマラソン再開へ »
« 成人T細胞白血病(ATL)についての記事が