タオル帽子作り講習会 東京で開催 岩手ホスピスの会

タオル帽子作り講習会 東京で開催 岩手ホスピスの会

がん患者をサポートするボランティア団体「岩手ホスピスの会」(盛岡市)は19日、患者用のタオル帽子作り講習会を東京で初めて開く。作り方を広く普及するとともに、既に首都圏で活動しているサポート団体とも交流を深める。
 講習会は2時間ほどかかるタオル帽子の作り方を紹介する。材料と会場は東京のタオル製造販売会社が無償で提供する。応募は既に締め切った。
 同会は県内で講習会を開いたり、帽子を全国のがん患者に発送したりしてきた。県内外で独自に帽子作りに参加する団体も現れ、今回の講習会開催は首都圏のサポート団体や患者会からの要請に応えた形となった。
 同会は「がん患者に寄り添う方々に作り方を覚えてもらいたい」としている。連絡先は同会の吉島さん080(1658)1762。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン伊勢市が全額助成へ中学生対象補正予算に9070万円 »
« がん患者を医療用かつらでサポート