ピロリ菌の除菌治療、早期胃がんにも保険適用

ピロリ菌の除菌治療、早期胃がんにも保険適用

厚生労働省は18日、胃がんの原因にもなる胃粘膜細菌ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌治療について、内視鏡による治療を行った後の早期胃がんなどに対しても保険適用することを決め、都道府県などに通知した。

 これまでは胃潰瘍(かいよう)と十二指腸潰瘍にしか保険適用されておらず、日本ヘリコバクター学会が適用拡大を求めていた。早期胃がんのほか、胃MALTリンパ腫と特発性血小板減少性紫斑病についても適用が認められた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


ピロリ除菌 胃がんも保険適用 »
« がん患者らに緩和ケアが重要