子宮頸がん予防ワクチン 最上町も全額助成へ

子宮頸がん予防ワクチン 最上町も全額助成へ

最上町は今年10月から、子宮頸(けい)がんの予防ワクチン接種を全額助成することを決めた。9月定例会に補正予算を提案する。県内では、大蔵村と村山市が全額助成の方針を決めている。

 今回対象となるのは、町内の小学6年~中学3年の女子計177人。町立最上病院と町内の民間病院の2か所で、10月と11月、来年3月に接種を行う予定。接種は任意で、今年度一般会計補正予算に予防接種委託費を計上する。来年度以降は小学6年の女子児童を対象とする。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン全額助成 »
« パソコンを使っていない時間のパワーが、がん研究を加速