子宮頸がん予防ワクチン接種費用助成

子宮頸がん予防ワクチン接種費用助成

甲府市は23日までに、子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種費用の助成について、指定医療機関の窓口での無料化を決めた。希望者に助成券を配布し、接種時に提出すると窓口無料になる。市では8月1日からの助成開始を予定している。
 市は、小学6年と中学3年の女子を対象に、3回分の接種費用を4万5千円を上限に助成する。助成券は3枚で、希望者からの申請を受け一括配布。申請書は市内の行政窓口センターや公民館に設置し、市保健センターに提出するか郵送で受け付ける。
 助成券が利用できる医療機関は今後、市医師会と協議し指定する。指定外の医療機関で接種した場合は医療機関の窓口でいったん接種費用を払い、後日、市役所に申請して助成を受ける償還払いとし、4月以降に接種した場合も助成対象とする。
 8月からの助成開始に向け市では、子宮頸がんと予防ワクチンの情報や、助成内容を周知するリーフレットを作成し、夏休み前に学校を通じて配布する予定。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんの悩み語らい笑顔に 体験者の会、三次で会合 »
« 遺伝子変異の肺がん治療 イレッサで生存期間、倍に 東北大