子宮頸がんは予防できる 東京新聞フォーラム8月3日

子宮頸がんは予防できる 東京新聞フォーラム8月3日

東京新聞フォーラムは、シンポジウム「子宮頸(けい)がんは予防できる」を開きます。毎年3500人が亡くなっているこの病気に正面から向き合います。入場無料。手話通訳もあります。ぜひご応募ください。

 ◇日時 8月3日(火)午後1時~4時

 ◇会場 江戸東京博物館一階ホール(東京都墨田区横網1の4の1)

 ◇基調講演 鈴木光明・自治医科大学医学部産科婦人科学講座主任教授

 ◇パネル討論 鈴木教授、塩崎恭久・衆院議員、仁科亜季子氏(女優)、難波ミチヲ氏(子宮頸がん啓発協会理事長)。コーディネーター=日比野守男・東京新聞論説委員

 ◇定員 400人(応募多数は抽選、聴講券発送で通知に代えます)

 ◇申し込み はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記、〒100 8505 (住所は記入不要)東京新聞事業局企画事業部「子宮頸がん」係=(電)03(6910)2509(平日午前10時~午後6時)=へ。7月24日(土)消印まで。東京新聞HPでも案内しています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


立花隆さんインタビュー全文(2)抗がん剤で、がんと闘うべきか »
« 立花隆さんインタビュー全文(3)「がん大国」は悲しむべきことではない