唾液でがん検出=80~99%の高精度-膵臓や口腔・慶応大

唾液でがん検出=80~99%の高精度-膵臓や口腔・慶応大

慶応大先端生命科学研究所は28日、唾液(だえき)で膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔(こうくう)がんを検出する方法を開発したと明らかにした。米カリフォルニア大ロサンゼルス校との共同研究。それぞれ99%、95%、80%の精度で検出できるという。
 オランダ・アムステルダムで開催中の国際学会で発表した。
 膵臓がん、口腔がんは進行してから見つかることが多く、生存率が低い。マーカーと呼ばれる生体内の物質でがんを診断する方法があるが、口腔がんに有効なマーカーはまだなく、膵臓がんはあるものの、他の病気でも異常値を示すため識別が難しいという。
 同研究所は、三つのがんの患者と患者以外の計215人の唾液サンプルに含まれる物質を網羅的に解析。約500種類の物質が検出され、このうち54物質の濃度ががん患者とそれ以外で異なることが分かった

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


慶応大、唾液で高精度のがん検査 技術を開発 »
« 子宮頸がんの予防ワクチン 前橋市が助成 群馬