子宮頸がんの予防ワクチン 前橋市が助成 群馬

子宮頸がんの予防ワクチン 前橋市が助成 群馬

前橋市は28日、市内在住の中学1年の女子生徒を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種費用を全額助成すると発表した。県によると、県内で同ワクチン接種の助成を決めたのは4自治体目。

 県健康福祉課によると、県内では平成20年に41人が子宮頸がんで死亡。厚生労働省は昨年10月、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルスの感染予防を目的としたワクチンの国内販売を承認したが、接種費用が5万円前後と高額な点が課題となっている。

 前橋市は、市内の中学1年の女子生徒約1700人を対象に、総額約7650万円を予算措置する方針を決定。9月定例市議会に約5千万円を計上する補正予算案を提案し、10月をめどに助成を開始。残りは来年度の当初予算などで対応する予定。

 ワクチン接種は任意だが、同市は、学校単位で接種希望者を募る集団接種を検討しているといい、高木政夫市長は「市民の健康を守り、少子化対策にもつなげたい」と話した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


唾液でがん検出=80~99%の高精度-膵臓や口腔・慶応大 »
« 唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発