飼い犬は名医?自覚症状なかった女性に乳がん“警告”

飼い犬は名医?自覚症状なかった女性に乳がん“警告”

▽飼い犬は名医?

 初期の乳がんを患った台湾の45歳の女性が「自分の飼い犬たちにはがんを警告する特別な能力がある」と主張している。

 3匹の飼い犬が、ある時期から女性の左胸をつつくようになった。女性は以前に、人間の体の異常を発見できる犬がいると読んだことがあったが、ほかに自覚症状はなくそのまま放置した。

 半年ほどして胸にしこりができたため受診すると、初期のがんと診断。直径1・6センチの腫瘍が摘出されたという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんに負けないで ダンス通じ患者励ます »
« がん 共に闘う大切な人…愛華みれさん