自殺のパク・ヨンハさん 末期がんの父親の看病疲れ?

自殺のパク・ヨンハさん 末期がんの父親の看病疲れ?

韓国の聯合ニュースによれば、自宅で自殺したとみられる韓流スター、俳優兼歌手のパク・ヨンハさん(32)は、末期がんの父親の看病に悩んでいたという。

 聯合ニュースによると、パクさんは30日午前0時40分ごろ、ソウル市内の自宅で、末期がんの父親の背中や脚などをもみながら、家族に「ごめんね。ごめんね」と何度も謝った後、自室に入ったという。そして午前5時半ごろ、自室で死亡しているのをパクさんの母親が発見し、警察に通報した。警察によれば、パクさんは自室で、電気製品のコードで首をつった状態で発見されたという。

 知人によると、パクさんは親孝行で「父親が、がんの宣告を受けるとすぐに自宅に連れてきて看病をしていた。いつも父親を心配していた」という。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


Dr.中川のがんから死生をみつめる:/63 はやぶさの「死」を悼む »
« パク・ヨンハさん死去「父親が胃がん闘病中でつらそうだった」