四日市市:がん検診負担金、誤記受診券を発送 601人分 /三重

四日市市:がん検診負担金、誤記受診券を発送 601人分 /三重

四日市市は30日、がん検診の自己負担金額を誤記した受診券を601人に発送したと発表した。無料の市民に負担金が最高で4400円と印字したほか、負担金が必要な人に無料と記載したという。

 市健康づくり課によると、誤記があったのは6月23日に発送した胃がんと大腸がん、子宮頸(けい)がんの検診対象者計1万5114人分のうち、601人分。自己負担額の算定基準となる今年度の市民税の額が更新される前に、昨年度の分で算出したため、誤ったという。

 同課は30日、正しい受診券の再発送を開始する一方、有料なのに無料とした219人に対し、職員が該当者の自宅を訪問し始めた。今後、誤った受診券の表記に従い受診した人には、返金などするという。同課は「多大な迷惑をおかけし、おわびし、再発防止に努めたい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


いすみ市:子宮頸がんと小児肺炎球菌ワクチン、全額負担 /千葉 »
« 末期がんパク・ヨンハ父、鎮静剤打たれ眠る