がん関連の後発品が146億円に拡大―日本化薬

がん関連の後発品が146億円に拡大―日本化薬

日本化薬が6月30日に発表した今年5月期通期(2009年度)決算によると、医薬事業の売上高は前年度比8.6%増の497億円、営業利益は7.9%増の101億円と堅調だった。がん関連の後発品の売り上げが06年度の26億円から約5.6倍の146億円に拡大したことが要因。
 10年度には、がん関連の後発品の売り上げが178億円にさらに伸長すると予想し、医薬事業の売上高は530億円、営業利益は106億円の増収・増益を見込んでいる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:診療時間の後に検診 7市町の女性対象 /島根 »
« 肺がん新治療に成功 岡山大病院