肺がん新治療に成功 岡山大病院

肺がん新治療に成功 岡山大病院

岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は、右肺の中枢部にがんを患い、従来の外科治療では片肺の全摘が必要だった60代男性=広島県在住=の肺を体外に取り出して患部を切除、がんに侵されていない肺の一部を体内に戻す“自家移植”手術に成功した。同病院によると、臓器提供者から摘出した肺を長時間保存する肺移植の技術を活用した手法としては「世界初の成功例」という。肺活量の減少を最小限にとどめて術後の呼吸不全を防ぎ、患者のQOL(生活の質)を向上させる新治療法として注目される。

 男性は右肺の中心部や気管支、肺静脈、肺動脈もがんに侵され、末期手前のステージIIIA期と診断。同病院肺移植チーム(チーフ・大藤剛宏呼吸器外科講師)が、6月中旬に手術した。

 同チームは、取り出した右肺に特殊な移植用の保存液を注入して冷却保存、病理検査でがん細胞が認められなかった下葉(全体の30%)を切り離し、2時間後に気管支や血管と下葉をつなぎ合わせた。

 両肺を合わせた肺活量は50%を下回ると息切れなど日常生活に支障が出るが、男性は約70%を維持。軽い運動もできるようになるという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん関連の後発品が146億円に拡大―日本化薬 »
« 北大、高エネ研と連携 効果的ながん治療を研究