岡山大…肺がん手術に新手法 保存技術応用、肺の一部戻す

岡山大…肺がん手術に新手法 保存技術応用、肺の一部戻す

 岡山大病院(岡山市北区)が、片肺にがんを患った60歳代の男性(広島県在住)の肺を取り出して患部を切除し、がんに侵されていない部分を体内に戻す手術に成功したことがわかった。同病院によると、本人の肺の一部を戻す手術は海外に数例あるが、移植手術での臓器保存技術を活用した例は世界初という。男性は術後半月で退院し、軽い運動もできる状態という。

 同病院呼吸器外科の大藤剛宏(おおとうたかひろ)医師らのチームが6月中旬に手術を行った。男性は右肺の主要な部分が侵され、全摘出が必要とされていた。手術は、取り出した右肺の状態を維持させるために移植用の保存液を注入して冷却。がん細胞が見つからなかった下葉の一部を切り離し、2時間後に男性の胸に戻し、気管支や血管につないだ。

 大藤医師によると、全体の肺活量が50%を下回ると、呼吸不全に陥り日常生活に支障が出る恐れがあるが、男性は6月30日に退院。70%ほどの肺活量を維持できているという。大藤医師は「これまでは全摘が望ましくても、術後の呼吸不全などを避けるため、抗がん剤治療など内科的な対応しかできないケースが多かった」と話す。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:予防ワクチン接種、全市町村で全額助成 /山梨 »
« 妻のがん越え開業1年 訪問看護経営の夫婦 三木