肺移植の手法生かし、肺がん患者に自家移植手術 岡山大

肺移植の手法生かし、肺がん患者に自家移植手術 岡山大

岡山大学病院は2日、肺がん患者の右肺を体外に取り出し、がんの部分を切り取った後で、肺を体内に戻す自家移植手術に成功したと発表した。肺移植の経験を生かした肺の保存技術を応用することで、より安全に手術ができたとしている。

 同病院によると、患者は広島県の60代男性。がんが進行していて、通常の手術では右肺全部を摘出する必要があると診断された。しかし、右肺は肺活量の約55%を占めるため、摘出すると呼吸不全になり、日常生活に支障が出ることが多いという。

 今回の手術は、右肺を取り出し、移植で使う特殊な保存液を注入して冷却保存しながら詳しく検査。がん細胞が見つからなかった肺の下部を切り離し、約2時間後に体にもう一度つないだ。肺の一部を戻したことで全肺活量の約70%が確保された。

 男性の回復は早く、6月中旬の手術から約半月後に退院した。今後は社会復帰はもちろん、ゴルフやジョギングなど軽い運動をすることも期待できるという。

 執刀した同病院呼吸器外科の肺移植チーフ、大藤剛宏医師は「これまで肺全部の摘出を余儀なくされていた患者や、もともと呼吸機能が悪いために外科手術をあきらめていた患者には有効な治療法ではないか」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


森本ケンタさん乳がん予防訴え 3日、廿日市でライブ »
« 肺がん 世界初の手術に成功