がん摘出肺を戻し「自家移植」 岡山大、冷却技術で世界初

がん摘出肺を戻し「自家移植」 岡山大、冷却技術で世界初

岡山大病院は2日、肺がん患者の片肺をすべて摘出し冷却保存した状態で患部を切除後、一部の肺を体内に戻す「自家移植」手術に成功したと発表した。

 肺を戻すことで、術後の呼吸機能の低下を抑えられる。冷却保存は、摘出した肺の機能を一時的に保持するのが目的。一般の肺移植手術の際に用いる保存技術を応用しており、同病院によると、こうした手法による肺がん治療は世界で初めて。

 国立がん研究センターのデータ(2008年)では、がんの中で、肺がんは男女合わせて死亡数が最も多い。今回の手法は、肺の全摘に耐えられず手術をあきらめていた進行がん患者に有用で、肺がん治療の選択肢を広げると期待される。

 患者は広島県の60代男性。右肺中枢部や気管支、肺動脈でがんが進行し、がん病巣のみの切除は難しく、右肺の全摘が必要と診断された。だが右肺は肺活量の55%を占め、全摘後に息切れするなど患者の生活の質(QOL)が低下するのが問題。これを抑えるため、移植後の拒絶反応が起きない「自家移植」をすることにした。

男性は約70%の肺活量を確保、趣味のゴルフなどの運動もできるという。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


肺がん 世界初の手術に成功 »
« 乳がんシンポジウム@横浜ほか