がんを知る全国フォーラムin長野:1000人が熱心に聴き入る

がんを知る全国フォーラムin長野:1000人が熱心に聴き入る

「がんを知る全国フォーラムin長野」(がんに負けない社会づくり長野県民大会実行委員会主催、毎日新聞社共催、アフラック協賛)が3日、長野市のホクト文化ホールで開かれ、約1000人が熱心に聴き入った。

 毎日新聞でコラムを連載する東大病院放射線科の中川恵一准教授が基調講演。「がんは、生活習慣の改善による予防と、検診による早期発見の2段構えの対策が必要だ」と訴えた。09年に長女の勝野七奈美さん(当時29歳)を肺がんで亡くしたタレントのキャシー中島さんは特別講演で、闘病時の家族と患者のかかわり方などを語った。信州大病院の小池健一院長とフリーアナウンサーの関谷亜矢子さんも加わった4人で「がんのひみつ」と題したトークもあった。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


悼む:末期がんのアマチュア落語家、街道徳尾さん=5月19日死去・39歳 »
« 全国大会出場2ペア決まる ピンクリボンテニス