全国大会出場2ペア決まる ピンクリボンテニス

全国大会出場2ペア決まる ピンクリボンテニス

第8回ピンクリボンレディーステニス大会県大会(日本女子テニス連盟主催、朝日新聞社後援)が3日、長崎市のかきどまり庭球場であり、10月に神奈川県藤沢市で開かれる全国決勝大会に出場する2ペアが決まった。一般の部は諫早市の黒氏理恵子・河野さやか組(いずれも諫早スマッシュ)、50歳以上の部が長崎市の山口雅代・平田千津子組(クイーンズ、カトレア)で、ともに接戦の決勝を6―5で制した。

 乳がんの早期発見・治療を呼びかける「ピンクリボン運動」に協力する大会で、一般の部は29組、50歳以上の部は17組が出場し、トーナメントを戦った。2位以下の上位入賞組は次の通り。

 【一般】(2)平山成美・永山映子(3)須藤れい子・鳥山綾子(4)藤井みどり・杉山安見児

 【50歳以上の部】(2)田平恵子・塚本ますみ(3)江原康子・千代森玲子(4)松井美穂・森百合子

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを知る全国フォーラムin長野:1000人が熱心に聴き入る »
« 「医療観光」ビジネス全国に広がる 中国人向けにがんや糖尿病検診