昭和大学病院に、“心のケア”にも配慮した乳がん専門施設「ブレストセンター」がオープン

昭和大学病院に、“心のケア”にも配慮した乳がん専門施設「ブレストセンター」がオープン

昭和大学病院ブレストセンターが6月1日、中央棟3階にオープン。聖路加国際病院中村清吾ブレストセンター長が教授として着任し、診療を開始した。最新の設備とチーム医療のシステムだけでなく、カウンセリングルームや情報提供施設も設置し、患者さんや家族の“心のケア”にも配慮している。

 昭和大学病院「ブレストセンター」が、6月1日に中央棟3階にオープンした。
 同センター(中村清吾センター長)は乳がんの診断、治療を目的に、さまざまなな分野の専門医や看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーがチーム一丸となって行う「患者中心の医療」を目指して設立されたもの。院内の腫瘍センターや緩和ケアセンターと連携をとりながら、最新の診断および治療技術を効率よく実践していく。

 同センターでは、レントゲンや超音波などの診察を、従来のように他の階で行わず、多くの診療をセンター内で完結させ、患者さんの負担を軽減。また、治療中の患者さんやそのご家族に対し、さまざまな情報提供や教育啓蒙を目的とした「リボンズハウス」をセンター内に併設するほか、カウンセリングルームも設置し、乳がんに関するカウンセリングや、患者さんやご家族の「心のケア」にも配慮をしている。

 5月27日には、学内外から多数の関係者が出席し、センター内でのオープニングセレモニーが行われた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


乳がんの最新治療法など解説 »
« 7日からパリでがん個別化治療シンポ=WINコンソーシアム〔BW〕