「院内がん登録」で対策データ蓄積

「院内がん登録」で対策データ蓄積

和歌山県内の病院で、がん患者の診療情報などを集計する「院内がん登録」が急速に進んでいる。データを蓄積してがん対策の要に活用するのが狙い。県は各病院のデータなどを集積する「地域がん登録」の運用も目指している。

 1979年以来、県内死亡者の死因1位は「がん」。2008年は全死亡者1万1679人中、3231人を占めた。75歳未満のがん死亡率(人口10万人当たり)は全国で9番目に高い。

 院内がん登録は患者情報を集計、解析することで、患者の実態を把握。より効果的な治療、予防、対策につなげることを目的にしている。

 県内では専門的ながん診療を行っている13施設のうち、12施設で実施している。昨年4月時点では、国指定のがん拠点病院6施設のみだったが、県の働き掛けで拡大した。

 県健康づくり推進課は「がんの死亡率が高い地域では、もともと罹患(りかん)数が多いのか、検診ができていないのか、治療に問題があるのか調べたい。がん対策には客観的なデータが不可欠」と話す。県は各病院や市町村の情報を集積する「地域がん登録」を来年度にも実現させたいという。

 08年度の県の5大がん検診受診率は、胃がん12・4%(全国10・2%)、肺がん20・3%(17・8%)、大腸がん16・7%(16・1%)、子宮がん29・7%(19・4%)、乳がん22・5%(14・7%)。いずれも全国平均を上回っている。

 一方、05年のがんによる死亡率は、男性の肺がんと女性の大腸がんが全国一。胃がんも男性8位、女性6位と高い。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


大原薬品工業(滋賀県)は6日、米英に本社を置くユーサファーマから白血病治療薬「エルウィナーゼ」の日本における開発・販売権を取得したと発表した。厚生労働省の検討会議に開発要望があがっている国内未承認薬の1つ。大原薬品では今後予定されている同会議による開発要請の結果を踏まえたうえで国内開発に乗り出す。急性リンパ性白血病治療にはがん細胞の増殖を抑える大腸菌アスパラギナーゼが使われているが、アレルギー反応で治療中止を余儀なくされるケースがあり、その代替薬として細菌由来であるL-アスパラギナーゼのエルウィナーゼが世界60カ国以上で臨床使用されている。厚労省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」は第1弾の開発要請品目を先ごろ公表したが、開発要望のあった同薬は漏れている。第2弾の要請は今秋に予定され、同社ではこの結果をまって国内開発計画を決める。同社はすでに白血病治療薬2製品を保有しており、エルウィナーゼの導入で製品構成の強化を図る考え。 »
« 大原薬品、白血病治療剤「エルウィナーゼR」の日本での開発・販売権を取得