緩和ケアでボランティア

緩和ケアでボランティア

がんによる痛みと上手に付き合い、患者や家族の心理的、社会的な苦しみを和らげ、その人らしく充実した日々が送れるよう支援する緩和ケア。市内で唯一緩和ケア病棟を持つ、湘南中央病院(今井重信理事長・藤沢市羽鳥)では、ボランティアを募集しています。

 週1回4時間以上活動できる20歳以上の人が対象で、時間は午前10時から午後5時の間。現在は29人が登録し、掃除や花の手入れ、毎月のイベント企画などを行っています。

 また、受診のサポートをする外来ボランティアも同時募集。病院スタッフには気兼ねして頼めないような、販売機の使い方や、車の誘導など安心して来院できるようサポートします。月〜土の週1日、午前8時半から昼12時で2時間以上活動できる人が対象。

 「社会の風を運んできてほしい」とボランティアコーディネーターの三橋佐和子さん。詳しくは同院【電話】0466(36)8151まで。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


女性のための がん予防講座 »
« MRIで1ミリの中皮腫も発見 早期診断に応用期待