つかこうへいさん肺がんで死去、62歳

つかこうへいさん肺がんで死去、62歳

 「蒲田行進曲」「熱海殺人事件」など反権力や社会的弱者を題材にした作品を数多く発表、戦後の演劇界を代表する劇作家、演出家で作家のつかこうへい(本名金峰雄=キム・ボンウン)さんが10日午前10時55分、肺がんのため千葉県鴨川市の病院で死去した。62歳。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

 今年1月、肺がんであることを公表。病院で治療を続けながら演出の指示を出し、最後まで舞台への意欲を見せていた。

 慶応大在学中からアングラ劇の活動を始め、1974年に「熱海殺人事件」で岸田国士戯曲賞を当時最年少の25歳で受賞。同年「劇団つかこうへい事務所」を設立、「初級革命講座飛龍伝」「ストリッパー物語」など、テンポの良い演出とユーモアで70~80年代初めにブームを起こした。俳優の内面をさらけ出させる演出法など、演劇を志す若者に影響を与えた。

 82年、戯曲を小説化した「蒲田行進曲」で戦後生まれとして初めて直木賞を受賞。深作欣二監督、風間杜夫主演で映画化もされ、大ヒットした。

 94年に東京都北区と、95年には大分市と組んで劇団を設立。北海道北広島市でも演劇人育成セミナーを開催するなど、演劇による地方からの文化発信に貢献した。

 主な戯曲に「戦争で死ねなかったお父さんのために」「広島に原爆を落とす日」「幕末純情伝」、著書に在日韓国人2世としての思いをつづった「娘に語る祖国」シリーズなどがある。91年読売文学賞、2007年に紫綬褒章。長女は宝塚歌劇団の女優愛原実花

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


最新の検査法など解説  女性のがん 「早期発見・治療大切」 »
« 【訃報】闘病中のつかさん、肺がんで