独自のウイルスがん治療承認 岡山大病院

独自のウイルスがん治療承認 岡山大病院

岡山大病院(岡山市北区鹿田町)は12日、遺伝子治療臨床研究審査委員会を開き、同大大学院医歯薬学総合研究科の藤原俊義教授(消化器・腫瘍(しゅよう)外科学)らががん細胞だけを死滅させるウイルス製剤として開発した「テロメライシン」と放射線治療を併用した臨床研究を承認した。国の承認を経た後、治療で効果や安全性を検証、早期の実用化を目指す。

 高齢者など手術や抗がん剤治療が難しい患者への新たな治療法として期待される。

 テロメライシンは、無害化させたアデノウイルス(風邪ウイルスの一種)と細胞ががん化した時だけ活性化する遺伝子の一部を結合させたウイルス。がん細胞で急速に増え、細胞死を誘導する。2006年から米国で臨床試験を行い、一定の腫瘍縮小効果や安全性が確認されている。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


白血病の長女刺殺の78歳母、殺意を否認 »
« Gタンパク阻害の仕組みを解明 がん治療薬開発も