乳がんと闘う!Saori.Kがデビューアルバム発表

乳がんと闘う!Saori.Kがデビューアルバム発表

乳がんと闘いながら活動する歌手のSaori.K(31)が、このほどアルバム「Prove Oneself」でデビューした。

 2008年2月にがんが発覚し、4月に手術で左乳房を全摘出。生きた証しを残そうと闘病中に書きためた言葉を基に、昨秋から曲の制作に取りかかった。高校卒業後、バックコーラスなどで活動。あこがれは苦難を糧に成功したスティービー・ワンダーだ。「気づいたら自分も命をかけて歌っていた。恐怖より、歌える喜びが大きい」。現在も抗がん剤を使っているが、再発の可能性は5年がメドと言われている。早くも次作の制作に取りかかり「年内にワンマンライブを」と前を向いた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


異常な血管の修復にマウスで成功 膵臓がん治療に期待 »
« 血管再生によるがん治療法開発=抗がん剤の効果向上-旭川医科大