仁坂吉伸和歌山県知事前立腺がん治療のため2週間程度入院加療。

仁坂吉伸和歌山県知事前立腺がん治療のため2週間程度入院加療。

和歌山県の仁坂吉伸知事は、定期検診で前立腺がんが見つかったため、あす20日から入院して治療することになったと発表しました。一週間程度入院して治療を受け、転移や健康上の問題もないため治療療養後2週間程度で、職務に復帰することにしています。これはきょう19日、仁坂知事が県庁秘書課を通して明らかにしたものです。仁坂知事は書面で、治療はごく簡単な外科的治療で1週間程度入院し、退院後最低1週間は遠出を避けるよう医師から説明を受けていることを明らかにしました。そして全国知事会が今月16日で終わったことや病気を公表し身を処するのが県民の信頼を重んじ表裏なく、真実を追究してきた自分の政治信条に合致するとして治療することにしたということです。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん講座:予防と治療、わかりやすく 堺で250人聴講 /大阪 »
« 和歌山・仁坂知事、前立腺がん治療で休養