3年で74人、中皮腫で死亡 尼崎市のアスベスト被害

3年で74人、中皮腫で死亡 尼崎市のアスベスト被害

兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺のアスベスト(石綿)被害で、同市は20日、2005~07年に中皮腫で死亡した住民が74人とする独自の調査結果を公表した。02~04年の国の調査結果と合わせると6年間で計124人が中皮腫で死亡したことが確認された。

 環境省は02~04年にかけての死亡した住民については、大阪府と兵庫、佐賀県に委託して同様の調査をしたが、05年以降は生存中の患者の実態調査に切り替えたため、市が独自に調査した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


慢性骨髄性白血病の新薬候補を発見 木村佐大教授ら »
« 仁坂知事:前立腺がん治療で休養 1週間程度入院 /和歌山