旭川医科大など膵臓がん治療新技術 血管修復 血流改善で薬効 

旭川医科大など膵臓がん治療新技術 血管修復 血流改善で薬効 

骨髄中の白血球の一種を移植して、膵臓(すいぞう)のがん細胞の周辺にできる異常な血管を修復・再生する新しいがん治療技術を、旭川医科大学の研究グループなどが開発した。この手法を応用すれば、血流を改善させて、膵臓がんなど治療が難しいがんへの抗がん剤や、放射線治療の効果を高めることが期待される。

 膵臓がんなどは、成長に欠かせない栄養分を調達するため、周囲に新しい血管を作る。ただ、その血管の働きは不十分で酸素の少ない環境が作られるという。がん細胞は、この厳しい環境に慣れる一方、不完全な血管の影響で内部に血流が届かなくなって、抗がん剤が効きにくくなり、転移しやすいといった悪影響が生じるという。

 研究グループリーダーの水上裕輔講師(腫瘍(しゅよう)学)によると、健康なマウスの骨髄から、細胞にあたる単核球を取り出して、血管作りを促す物質などを加えて培養。これを、膵臓がんを発症したマウスの静脈に投与すると、血流が悪くなるといった異常な血管を修復・再生し、がん組織内の血流が改善した。

 異常な血管が新たに生じることを阻む薬による現行治療法では、膵臓がんへの効果は低いという。だが、新技術では正常な状態に血管を戻すため、酸素が少ない状態を好むがんにも効果を発揮。膵臓がんの克服に寄与する可能性があるという。

 水上氏は「効果や安全性を確認し臨床応用につなげたい。将来の治療薬開発や再生医療にも生かせれば」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン接種始まる 大蔵、県内初の全額公費負担 »
« 抗がん剤治療/大学連携で専門医増やそう