西目屋村が子宮頸がん予防接種

西目屋村が子宮頸がん予防接種

県内自治体で初めて子宮頸(けい)がん予防ワクチン接種を全額公費で行う西目屋村は21日、対象とした小学6年生と中学1年生の女子への集団接種をスタートし、計8人が弘前市の医院で1回目の接種を受けた。来年1月まで計3回接種する。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん予防に助成を 患者ら23団体、厚労相に要望 »
« がん体験者による ピアサポート