子宮頸がん:予防接種を全額助成 足利市、小6女子に /栃木

子宮頸がん:予防接種を全額助成 足利市、小6女子に /栃木

足利市は21日、小学校6年の女子児童に対する子宮頸(けい)がんの予防接種の全額助成を始める、と発表した。20日の市議会臨時議会で、実施するため経費の7980万円を増額する10年度一般会計補正予算案を可決した。

 市健康増進課などによると、対象は市内の小学校に在籍または市内在住の小学校6年生。今年度は特例措置により、中学生の女子も含め、9月以降に実施する。6年生は集団接種で全額を助成し、中学生は市内の医療機関で個別接種として半額を助成。予算のうち、約4000万円は足利市が今年度から実施した市有施設での自動販売機(飲料)の一般競争入札による設置料金を充てる。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


日本化薬、導入品の膀胱がん薬・血管塞栓材の治験開始へ »
« 日本化薬(4272) 抗がん剤ジェネリックとバイオシミラー。(野村証券)