日本化薬(4272) 抗がん剤ジェネリックとバイオシミラー。(野村証券)

日本化薬(4272) 抗がん剤ジェネリックとバイオシミラー。(野村証券)

野村証券は7月16日にレーティングは未付与だが、日本化薬(4272)の最大の強みは日本最大規模の抗がん剤ジェネリック事業で、数あるジェネリック医薬品の中でも、1本数万円〜十万円の高額な抗がん剤は患者にとってジェネリックに置き換えるメリットが大きいと解説。

 4月にG-CSFのバイオシミラー(TKN-732)のテバ興和株式会社との共同開発を発表した。G-CSFにとどまらず、2013〜15年に特許が満了する抗体医薬のバイオシミラーを年内にも自社製造販売する決断があれば、日本化薬は日本バイオシミラー筆頭企業となる公算が大きいので、今後の動向に注目したいと紹介。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がん:予防接種を全額助成 足利市、小6女子に /栃木 »
« 【ATL―成人T細胞白血病―制圧へ】ATL啓発 広がる輪 母子感染予防冊子 福岡市も全妊婦に配布