子宮頸がん予防へ ワクチン接種券を配布、さくら市「ぜひ今年度中に」

子宮頸がん予防へ ワクチン接種券を配布、さくら市「ぜひ今年度中に」

【さくら】市は8月1日から開始する子宮頸がん予防ワクチン接種を前に、対象となる小学6年生女子児童203人、中学1~3年の女子生徒599人の各保護者にワクチン接種助成券を郵送した。

 小6は全額公費負担、中学生は半額の8千円が自己負担になる。中学生の公費負担は今年度限りの特例措置。市によると、中学生は来年度以降は全額自己負担になる。

 接種券に合わせ、問診票も郵送。予防接種は半年間で3回行う。市の担当者は「中学生は来年度は全額自己負担になるので、今年度中にすませることを勧める。来年3月31日までに終了するよう計画的な接種を行ってほしい」としている。

 接種する場合は市内の医療機関への予約が必要になる。問い合わせは市健康増進課電話028・682・2589。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


新しい浜松市医師会館が完成 がん早期発見へ検診体制強化 »
« 小児がん:子供たちのサマーキャンプ始まる 高知・香南