クリスティーナ・アップルゲイト、乳がん克服~おめでた!!

クリスティーナ・アップルゲイト、乳がん克服~おめでた!!

『サマンサ Who?』のクリスティーナ・アップルゲイトが妊娠。
 フィアンセのオランダ人ミュージシャン、マーティン・レノブル(ポルノ・フォー・パイロス)との第一子を身ごもっており、2人はこのニュースに『ワクワクしている』と言われている。
 クリスティーナの代理人もピープル誌にこの事実を認めた。現時点ではクリスティーナと子供に関する詳しい内容は明らかになっていない。クリスティーナとマーティンは、2年の交際期間を経て、今年のバレンタインデーに婚約していたが、結婚の日取りはまだ決めていなかった。しかしながらクリスティーナは今年初め、マーティンと家庭を築くことに意欲的である事を語っていた。
 「次は何って? 子供よ、たくさんの子供。まあ、そんなにたくさんは無理かもしれないけど、せめて2人は」。

 クリスティーナは2008年の乳がん克服の際にマーティンの助けてくれたことを賞賛した。ガンと診断されて、両方の乳房を除去しなければいけなかったクリスティーナは「小さくても強力なサポートシステムがあるし、マーティンは本当に私の人生の一部になっているわ」「もし彼なしだったならば、どれ位やれるか自信がなかったわ。人生のいろんな物を多く失った時に側にいてくれたから、信じられないような助けになっているの」。

 クリスティーナ・アップルゲイトの最新作『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』は、8月21日日本公開。クリスティーナは、キャサリンの声を演じる。
カテゴリ : 癌ニュース

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


小児がん:子供たちのサマーキャンプ始まる 高知・香南 »
« 脳腫瘍乗り越え白球追った 箕島3年・押手秀人君