生きる:小児がん征圧キャンペーン サマーキャンプ、高知で始まる

生きる:小児がん征圧キャンペーン サマーキャンプ、高知で始まる

がんを告知された子供たちのサマーキャンプが23日、高知県香南市で始まった。ボランティア団体「スマートムンストン」(代表、細谷亮太・聖路加国際病院副院長)が、小児がん征圧募金の一部を活用して取り組んでおり、今年で13回目。

 この日は、郷土史家から坂本龍馬の話を聞いたほか、過去のキャンプを記録したドキュメンタリー映画「風のかたち」を鑑賞した。

 9~34歳の小児がん経験者とボランティア、スタッフら計58人が参加。2泊3日の日程で、自然の中でキャンプファイアやシーカヤックを楽しみ、経験や悩みを話し合う。【小泉大士】

==============

 小児がん征圧募金を呼びかけています。送り先は〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1の1の1、毎日新聞東京社会事業団「小児がん征圧募金」係(郵便振替00120・0・76498)。お名前、金額などを紙面に掲載しますので、匿名希望の方は明記してください。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「子どもホスピス」つくろう 九大院生らがチーム結成 »
« がん検診受診率向上へ 県が企業・団体と協定締結