がん化しにくいiPSで脊髄治療…慶大、京大がマウスで実験

がん化しにくいiPSで脊髄治療…慶大、京大がマウスで実験

iPS細胞(新型万能細胞)にはがん化しやすい性質があり、再生医療の実現の障害になっていたが、慶応大の岡野栄之教授と京都大の山中伸弥教授らは、がん化しにくい細胞を選んで脊髄(せきずい)損傷を治療できることをマウスの実験で確かめた。

 岡野教授らはマウスやヒトのiPS細胞を使って、脊髄損傷で歩けなくなったマウスの治療実験に成功している。しかし、治療後にがん化するマウスが多いのが課題だった。

 岡野教授らは、iPS細胞には、神経のもとになる細胞にきちんと変化する系統と、変化しきれない系統があることを新たに突き止めた。きちんと変化する系統を、細胞表面に現れるたんぱく質を調べることで見分けることに成功した。

 こうして作った安全なiPS細胞を、体外で神経のもとになる細胞に変化させ、いったんマウスの脳に移植し、がん化しないことを確かめた。背骨の折れたマウスにこの細胞を移植すると、正常な神経細胞の組織ができ、機能も回復した。一方、安全でないと評価されたiPS細胞で治療を行ったマウスは、がんができて失敗した。

 岡野教授は「人間のiPS細胞も同様と考えられる。事前に細胞の性質を十分に確かめれば臨床応用できるだろう」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


子宮頸がんワクチン接種助成へ/足利市 »
« 東京プリン牧野隆志が肺腺がんを告白