乳がん薬 遺伝子検査で選ぶ

乳がん薬 遺伝子検査で選ぶ

乳がん患者の遺伝子を調べることで、手術後の再発予防に効果があってしかも安価な薬を選ぶ手法を、東京大学の中村祐輔教授らが開発した。今後、四国の5医療機関で、実際の治療に応用し、有効性を検証する。

 乳がん手術後の再発予防には、タモキシフェンとアロマターゼ阻害剤という二つのタイプの薬がある。タモキシフェンは、後発医薬品が発売され、価格が阻害剤の10分の1程度のものもあるが、タモキシフェンを使う患者の20~30%が5年以内に再発、阻害剤に比べ効果がやや劣っていた。

 研究チームは、タモキシフェンの効果に患者で差があることに着目。徳島県で1986~2007年に乳がん手術を受け、タモキシフェンだけを投与された患者282人を調べた。

 タモキシフェンは体内で分解され、がんに効く成分ができる。遺伝子の微妙な違いで、分解酵素の働きが弱い患者は、酵素の働きが「正常」「やや弱い」患者に比べ、再発の危険性が2・2~9・5倍高かった。

 酵素の働きが弱いのは患者の2割。研究チームは残りの8割にタモキシフェンを投与すれば再発率を10%未満に抑え、効果が高いと予測。年間110億円を節約できると試算している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


「緩和ケア」医師ら研修 徳山中央病院 グループ討議など »
« 乳がん 遺伝子検査で薬選び…再発防止効果に個人差