骨肉腫の大宮・塚本、手術後の経過良好と発表

骨肉腫の大宮・塚本、手術後の経過良好と発表

J1大宮・塚本が、3月に右大腿(だいたい)骨の骨肉腫の手術を受けてからの状況をクラブが発表した。

 当初1年間の予定だった抗がん剤治療は、経過が良好なため半年で打ち切り、経過観察していくこととなった。

 合わせて、後援会などが設立した支援基金、クラブの公式サイトでのメッセージコーナーを今月末で終了することが発表された。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


J1:大宮の塚本、経過観察に移行へ…骨肉腫で闘病 »
« 胆管がん切除に道 名古屋大、手術で高い成功例