がんのおそれ低いiPS細胞

がんのおそれ低いiPS細胞

あらゆる組織や臓器になるとされる「iPS細胞」を作る際、これまでと構造がわずかに違う別の遺伝子を使うと、がんになるおそれが少なくなるという研究結果を京都大学の研究グループがまとめ、医療への応用に近づく成果として注目されています。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がん化抑制iPS細胞 京大 遺伝子組み合わせ発見 »
« 歌って病吹き飛ばそう がん患者らの合唱団歌声初披露へ