京大、L―Myc遺伝子使用でがん化リスク抑えたiPS作製を発見

京大、L―Myc遺伝子使用でがん化リスク抑えたiPS作製を発見

京都大学の中川誠人講師、山中伸弥教授らはL―Myc(エルミック)と呼ぶ遺伝子を使うとがん化のリスクを抑えつつ、効率よくiPS細胞(万能細胞)を作製できることを突き止めた。
 iPS細胞の作製に使ういくつかの遺伝子のうち、がんの原因遺伝子であるc―Mycに代わる遺伝子として注目されそうだ。米科学アカデミー紀要電子版に今週発表する。
 c―MycはiPS細胞の作製に使う遺伝子の一つ。iPS細胞の質を高めるのに重要な役割を果たす半面、がん化のリスクが高まるのが課題だった。今回、塩基配列の似たL―Mycを使い実験。c―Mycを使うよりもマウス、ヒトの両iPS細胞を効率よく作製できた。またマウスの実験ではc―Mycを使った際にできたがんが、L―Mycを使うとほとんどできなかったことを確認。質の指標となる生殖細胞への分化の割合についてはc―Mycと同程度に高いという実験結果を示した。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


歌って病吹き飛ばそう がん患者らの合唱団歌声初披露へ »
« BOOK:『病気になった時に読む がん闘病記読書案内』