がん化抑制iPS細胞 京大 遺伝子組み合わせ発見

がん化抑制iPS細胞 京大 遺伝子組み合わせ発見

がんになりにくいiPS(人工多能性幹)細胞を効率よく作製する新たな遺伝子の組み合わせを、京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授や中川誠人講師たちのグループが見つけた。米国科学アカデミー紀要で27日に発表する。

 山中教授は、がん細胞で働いているがん遺伝子「c-Myc遺伝子」を含む4遺伝子をマウスや人の体細胞に導入してiPS細胞の作製に成功した。c-Myc遺伝子は、iPS細胞への誘導率や、さまざまな細胞に分化する能力(多能性)を高める一方、分化した細胞ががんになる危険性も高めていた。

 グループはc-Myc遺伝子の代わりに、塩基配列がよく似ていて、多くの肺がん細胞で働いているL-Myc遺伝子を人の細胞に導入してiPS細胞を作製した。iPS細胞の発生率は約5倍高くなり、不完全な形の細胞が混在する割合は低くなった。

 さらに、L-Myc遺伝子を用いたマウスiPS細胞で実験したところ、体細胞に分化させてもがん細胞はほとんどできず、c-Myc遺伝子と同様の多能性があることを確かめた。

 中川講師は「iPS細胞の再生医療などへの実用化には、がん細胞の形成という大きな壁を乗り越えなければいけない。それを可能にすることが期待できるL-Myc遺伝子の働きを詳しく調べたい」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


BOOK:『病気になった時に読む がん闘病記読書案内』 »
« 終末期がん患者の看護モデルを研究