腫瘍できにくいiPS細胞…京大チーム作製成功

腫瘍できにくいiPS細胞…京大チーム作製成功

遺伝子変更、効率もアップ
 体の様々な細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)を、腫瘍(しゅよう)になりにくく、効率よく作り出すことに京都大の中川誠人講師、山中伸弥教授らが成功した。再生医療に応用が期待される成果。27日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。


 iPS細胞は、4種類の遺伝子を皮膚などの細胞に組み込んで作る方法が一般的だが、うち一つは「c―Myc」というがん遺伝子のため、がん化などの安全面で問題があった。c―Mycを除く3種類でも作れるが、作製効率が悪いうえ、質も大幅に落ちた。

 中川講師らは、c―Mycに代え、よく似た構造の遺伝子「L―Myc」を用いたところ、作製効率が人では約5倍に向上した。さらに、c―Mycを用いたiPS細胞から誕生させたマウスの実験では、生後400日以降は7割に腫瘍ができるが、L―Mycでは700日後も腫瘍ができなかった。ただ、生後500日以降になると通常のマウスより死亡率が2倍以上高まるため、原因を調べているという。

 中川講師は「L―Mycはc―Mycより細胞の形質を変える活性が低いため、不必要な細胞やがん細胞を増やさないのではないか」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


明細書で「がん」判明も 診療報酬改定で »
« 県が「がんセンター」、来月2日開設 患者・家族の支援拠点に