がん遺伝子使わずiPS細胞…京大で新手法

がん遺伝子使わずiPS細胞…京大で新手法

体の様々な細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)を、腫瘍(しゅよう)になりにくく、効率よく作り出す新たな手法を京都大の中川誠人講師、山中伸弥教授らが開発した。

 再生医療の実用化に一歩近づいた成果。27日の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

 iPS細胞は、皮膚などの細胞に4種類の遺伝子を組み込んで作る方法が一般的。しかし、その一つの「c―Myc(ミック)」は、がん遺伝子のため、がん化などの安全面に問題があった。c―Mycを除く3種類でも作れるが、作製効率が悪いうえ、質も大幅に落ちた。

 中川講師らは、c―Mycに代え、よく似た構造の遺伝子「L―Myc」を用いたところ、作製効率が人のiPS細胞では約5倍に向上した。さらに、c―Mycを用いたiPS細胞から誕生させたマウスは、生後400日以降は7割に腫瘍ができるが、L―Mycを用いたマウスでは700日経過しても腫瘍ができなかった。iPS細胞の質もc―Mycを使った場合とほぼ同等で、全身の細胞に分化できた。

 中川講師は「L―Mycは、c―Mycより細胞の形質を変える活性が低いため、不必要な細胞やがん細胞を増やさないのではないか」と話している。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


# 県がん診療連携協議会:がん条例制定要請 県に「患者目線」原案 »
« がんを生きる:/77 希少がん/下 二十数個の腫瘍、すべて消え /大阪