徳島がん対策センター:来月2日設置 在宅患者や家族支援 /徳島

徳島がん対策センター:来月2日設置 在宅患者や家族支援 /徳島

県は26日、「徳島がん対策センター」を8月2日に設置すると発表した。在宅でのがん治療を望む患者や家族を支援するため、医療、介護従事者によるネットワークを全県的な規模で整備する。患者向け電話相談窓口やホームページも新設する。

 センターは徳島大学病院と県立中央病院が事務を分担する。各地域の医師や訪問看護、介護事業者を対象とした講演会、ワークショップを今秋以降に開く予定。

 患者や家族を対象とする電話窓口は、治療方法や医療費などがん医療全般について相談に応じる。番号は088・633・9438(平日午前8時半~午後5時)。ホームページ(http://www.toku‐gantaisaku.jp)も8月2日に開設する。

 県は08年に「県がん対策推進計画」を策定。今年3月には「県がん対策推進条例」を制定し、対策に取り組んできたが、在宅緩和ケアの支援ネットワーク構築や、相談窓口の整備、医療情報発信の一元化が課題に挙がっていた。

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。


がんを生きる:/77 希少がん/下 二十数個の腫瘍、すべて消え /大阪 »
« 廿日市の市民が乳がん集団検診 8・9月の2回